ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

Callaway Ⅹ‐14 リメイク ②


Callaway Ⅹ‐14 リメイク


フェースの研磨。

深い傷も無く、比較的簡単に傷も取れ粗研磨完了。

これから、研磨目を取る為に数回の研磨が有りますけどね!



ヘッド材質は、SUS 630(17-4ステンレス)。
ヘッド製法は、「ロストワックス精密鍛造」。との事なんですけど、
「ロストワックス」て? 「鋳造」のような製法ですよね~。 
形を作ってから・・・。 「鍛造」するの・・・? ん・・・?

「ロストワックス」で完成したヘッドを再加熱して、
型に入れて鍛造する。て事なの・・・?

「精密鍛造」とは、鍛造時のバリがでないから。なの?
この鍛造で組織だけを変えるのが目的なの?

なら、最初から「鍛造」にしないの? 「SUS 630」だからなの?

ま!良いか。







a0235751_1022418.jpg

a0235751_1025225.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2016-02-15 10:06 | リメイク | Comments(4)
Commented by taoten at 2016-02-15 15:44 x
鍛造。鋳造の意味合いがゴルフ界では崩れかけているような気配が。。します。

日本で作っているものなら(日本で組み立てたものも日本製だそうです)、確実に鍛造は鉄等の原材料を型で叩いて形成するのが鍛造なんですけど、海外大手メーカーの中にはと言うより。。。ゴルフ業界でいつの間にか鋳造で大方作って、それを型の中で叩けば鍛造(フォージド)でまかり通ってしまうようになってます。

鋳造でも柔らかい鉄、ステンレスを使えばライ角等の調整はできますが、客の立場から言えば鋳造なのにナンチャッテ鍛造をつかまれた気持ちになりますね。
このことは何れ問題になると思うし、しなければいけないと思います。

私は鋳造を決して否定する気持ちは毛頭ありません。

売り方に良心というものが無いと思うだけです

パターの売り方でもCNCと言う言葉が躍っていますが。。。ただフェースだけのもありますからね。。

ちょっと本題からそれましたが、綺麗になるもんですね、中古屋さんでもやりますか?
磨きを掛けて「新本同様」。。。。とか。。。おやっ。。これも売り方に問題ありでしょうかね~。。。。
Commented by life-is-vain at 2016-02-15 23:47
taotenさん。

なる程ね。
鋳造で作って、1回でも鍛造すれば鍛造。
CNCもフェースだけでもCNCか~。
こんな事が罷り通るのは駄目ですね~。

リメイクですが、X-14は、ステンレスなので錆びないし、
原形を崩さないように研磨すればそれなりに綺麗になります。

メッキも、ギリギリ研磨で綺麗なります。

この頃は、リメイク依頼が多くなりましてそれなりに忙しいです。
依頼される内容も「使用中のクラブを綺麗にして!」とか。
〇〇のクラブが欲しいので、落札して・リメイクして。などが多いです。
現在も、4本のリメイク依頼を受けて作業中です。

X-14・PROは、2セット高額でお嫁に行きました。
多分、需要は有りそうですが依頼先が少ないのでしょう。

なので、スロットに行く暇が無くなり、健全な生活をしています。

Commented by taoten at 2016-02-16 21:17 x
やっぱり世間はMiyaさんのことただじゃおきませんよ。。。ただかもしれないけど(笑)

結構、使っているクラブ気に入っているけど傷が気になるとか、みすぼらしくなったとか。。でも、新しいのまではちょっと無理なんて人多いかも。

X-14・PRO人気今でもあるようですね。
通っている練習場のゴルパでも結構なお値段でしたよ。

なにはともあれスロット離れ賛成!!

JGFの土曜の昼間は私と学生時代の友人との行動になりそうです。

Commented by life-is-vain at 2016-02-17 00:07
taotenさん。

「JGFの土曜の昼間」の件は了解しました。
夜、生ハム店で合流と言う事ですね。

「使っているクラブを綺麗にして!」の依頼が多いです。
最初は、面倒でしたが研磨して、入色して仕上げると感動しています。
私には、比較的簡単な作業なので、依頼者に作業方法を話しても
「自分にはできない」と言う方が多いです。

もちろん無料ではありません。
自分の事もヤリタイので、完成の日程も決めません。強気でしょ。
価格も決めず、完成時に依頼者にお任せですが、それなりの報酬を
置いて喜んで帰宅していきます。