ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

S-TRIXX VALMER VX50 S & VX50 SR 比較

私の場合、シャフトの違いの比較をするには同じヘッドを使うんです。

同じヘッドと言っても「工業製品なので当然個体差」はあるのが通例です。

フェイスアングルが違うとアドレスの時に違和感が有り同じスイングが出来無くなってしまいます。


今回の「PROCEED T・C460RⅢ 9.5°」 はアドレスで個体差の違和感はありませんので、
打ち比べがし易かった結果です。


「S-TRIXX VALMER VX50 S & VX50 SR」 の打ち比べの感触です。

最初に打ったのは 「Sフレックス」 左には行かないですが、若干右へ行く確率が高い。

次に、SRを打ったら弾道は若干高い印象でしたが、違和感の無い高さで右に行く事が激減した。

このシャフトは、カタログ上の差は、重量は2g軽く、バットの太さは0.5mm細い。 トルクは同じ。 


SR の方が、軽く打ってもそこそこの距離。 

叩くと私の理想系で若干ドローの掛かった、ストレートに近い中弾道で飛んで行きます。

当然、これからは SR を使って行く事になりました。

S も悪くは無いので、サブ(夏用)として所有することにしま~す。

S も SR も、インパクトの瞬間に「グ・グ~」と押してくれる感触が今迄に感じた事が無いシャフトです。




a0235751_1275613.jpg




a0235751_1282663.jpg


a0235751_1285275.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2013-12-11 01:38 | ウッド