ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Callaway Ⅹ‐14 PRO  RCH M75i


アイアンヘッドの 「リメイク方法」 です。 

リメイクですので 「新品に近い状態に復元させる」 作業ですので、手順は参考程度にして下さい。

まずは、傷取りです。3枚目画像の右 「ナイロンホイール・#240」 から使用して細かい傷から
落とし  「ナイロンホイール・#120」 ~ 最終 「フラップホイール・#60」 までを使います。

形状変更 であればグラインダーや、最初に 「フラップホイール・#60」 などの粗い物で
削りますが、リメイクですので 「研磨目」 は少なくしないと鏡面作業に時間が掛かってしまうので
リメイクは、細かい研磨ホイールから使い研磨します。

最終 「フラップホイール・#60」 での研磨が終わったら 
「ナイロンホイール・#120」 ~ 「ナイロンホイール・#240」 に戻り研磨し、粗い研磨目を
消します。

シャフトが付いた状態ですので、ドリルで研磨します。

あっ! そうそう。 部屋には、ナイロンやフラップの研磨の粉塵が飛散しちゃいますよ。

電動工具が無い方は、サンドペーパーを使って 「」 での研磨も可能ではないと思いますが、
良い子はやめましょう!

これで 「傷落し・サンドブラスト」 も落としました。

簡単そうに書いていますけどね。 とても気を使う工程なんですよ。
「研磨目」 が深いと、次の工程でも作業時間が掛ってしまいます。

次回は、中研磨に続きます。






 研磨後 小傷・サンドブラストも消えました。
a0235751_18403336.jpg


 研磨前
a0235751_18405752.jpg


 研磨ホイールは、他の番手も使います。 
a0235751_18411825.jpg


   

☆→ 続きはこちら ←☆
[PR]
by life-is-vain | 2014-09-29 22:55 | アイアン
Callaway Ⅹ‐14 PRO  RCH M75i


発売されたのが 2001年8月 だったので、かれこれ 13年前の 「アイアン」。

何と!このアイアンの 「未使用品」 が出てきました。


と言いたい所なんですけど。  まず無いでしょう。

そんな訳で 「リメイク」 してみました。


リメイクの内訳。
☆ ヘッド研磨・傷取り。
☆ フェイス面・サンドブラスト。
☆ スコアーライン ペイント。
☆ 番手ナンバー ペイント。

こんな所なんですが、それなりに・綺麗な 「Ⅹ‐14 PRO」 になりますよ。

ヘッドは、メッキでは無く 「ステンレス・鋳造」 なので研磨しても大丈夫なんです。
フェイス面も鋳造独特な凸凹も無くなり均一面になりました。

これから少しずつ、私なりの 「リメイク方法」 を掲載してみようかと ・ ・ ・。






a0235751_2116185.jpg


☆→ 続きはこちら ←☆
[PR]
by life-is-vain | 2014-09-24 21:59 | アイアン
PROCEED 460Ⅳ TOUR DEEP


以前は、DEEP(ディープ)なヘッドを使っていたのですが、この頃はShallow(シャロー)ばかりだった。 

みたい ? ? ?。  と感じた時には ! ! !。

DEEPなヘッドが手元に ・ ・ ・。 

来た ~ ~ ~。


打った感触は ? ? ?。

まだ打っていないので ? ? ?。

分かりません。


PROCEED 460Ⅳ TOUR DEEP 
ロフト・10.5°。  長さ・45.25インチ。 バランス・D-2。 重量・317.4g。 振動数・264CPM。
シャフト・ATTAS3 6 フレックスS。

ロフトですが、DEEPなので、Shallowより1.0°プラスしてみました。




a0235751_031786.jpg


☆→ 続きはこちら ←☆
[PR]
by life-is-vain | 2014-09-23 00:48 | ウッド

ようやく「秘密の花園?」 ・・・。  でもないか。

「工房」が完成しました。


引越しの中で、一番気を使ったというか?
楽しかった? ような? 苦労した? ような? 部屋だったかもしれないんです。

普通の人が見れば「ガラクタ」のような機材や工具なんですけど。
これが無いと な~んにも できないんですよね~。

それとネ! 落ち着くのが 「回転椅子」。
部屋に入って、なぜか? この椅子に座ると ”至福の一時” なんですよ~。


さ~っ! これから ・ ・ ・。 ボチ・ボチと始めよ~っと!



a0235751_120295.jpg


☆→ 続きはこちら ←☆
[PR]
by life-is-vain | 2014-09-21 01:35 | 工房
今迄の工房は、屋根裏工房でしたので、
夏は、暑ッ! 汗だくの脱水症状。 接着剤の硬化は速いし・・・。
冬は、寒ッ! 体は冷える。 手も動か~ん。  私の「秘密基地」でした ・・・ が・が・が~っ。

これからは、「冷暖房完備」で 快適工房!


クラブの製作・改造には欠かせない「作業台」を2台設置。

1台は、既製品を組立てましたが、バイスの取付をするので天板は補強しています。

2台目は、既製の品では寸法が合わないのでDIYで作っちゃいました。

作業台の機能として重要なのは重さ。 重さが必要なのは、振動や衝撃で固定物が
動かない・反動で作業台も動かない事なんですけど・・・・・。

設置したのは室内なので、作業台を固定するにもフローリングにアンカーボルトで
固定はできないので、カーペットで衝撃を緩和させて、作業台を連結させ固定しました。
あっ! カラーBOXと、床の木材も固定させる為の補強材なんですよ!

これで作業時に力の加わる方向に対して作業台が動く事はありません。


と、簡単に説明しちゃっていますが・・・・。 
あーでもない! こーでもない! と何度も検討した事か・・・・・。

バイス(万力)の設置する位置も考えて付けないと作業がしづらくなっちゃうんですよ。
「大型回転式ベンチバイス」で、重量13㎏。

次回は、測定機器・工具などの設置なんですが・・・・。 
これがまたもや、以外と大変なんです。





a0235751_20442081.jpg


a0235751_2044432.jpg


☆→ 続きはこちら ←☆
[PR]
by life-is-vain | 2014-09-17 21:25 | 工房