ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

TPA18 DLC

KITADA GOLF DESIGN

TPA18(LM-19)組付け完了。
長さ・33、3/8インチ。 バランス・D-4.5。 重量・518g。 振動数・370cpm。
シャフトは日本シャフト・tip径10mm。硬めが好みなのでtip約4,0インチカットで装着。
グリップはいつものGFブラック。ヘッド・シャフト等の重量計測を忘れてしまった。(ま!いいか)

それと初のネック調整しちゃいました。 私には微妙な角度で少しハンドレイト。
KITADAさんにアドバイスを頂き準備開始。まずは、ヘッドをバイスに固定する為の治具を製作。
と言っても簡単な材料です。フェース側とサイトラインの幅の角材を作成し、ゴムハンマー(100均)で
”ゴン”のアナログ的ですが3回の調整で、すんなり違和感無くアドレスができるようになりましたよ。
この調整は好みの問題ですがとても重要です。お試しあれ!

以外と簡単です。心配したDLCも無傷。
〇画像は見やすいように撮影しましたが、傷が付かないようにパターにガムテープなどで養生が必要。
〇少しずつ曲げて、曲がりが確認できるように基準テープも忘れずに。(写真2)


a0235751_19404696.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-03-05 19:49 | KITADA GOLF
TPA18 DLC

KITADA GOLF DESIGN

TPA18・オーバーホーゼル。(KITADA GOLF DESIGN の型番・LM-19)
今回のDLCは”黒”が強調されており、製作して貰う度にDLCの完成度は向上しています。
KITADAさんは、毎回工夫をして輝きや艶の違いを研究しているようです。
DLCを施工する目的は、新品の状態を長期間維持する事ですが、基となるパターの形状・打感等の
完成度が高くなければ使い続ける事はできません。DLCが良いだけではないのです。
ネックの太さは通常9.4mmですが、10mmです。たかが0.6mmの差ですが細いと頼りなさが
出てしまうようです。シャフトのtip径も10mmのシャフトです。それとね!は・・・。後日。

しか~し、DLCの撮影は難しい。目で見ると”黒”が、撮影すると”黒”にならない。


その内、DLC・兄弟パターが掲載されることでしょう。(お楽しみに♪)


a0235751_2234304.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-03-04 00:25 | KITADA GOLF
平成24年3月1日(木) 15時38分 
体重2892g 身長49cm


a0235751_22515560.jpg


a0235751_22593016.jpg


a0235751_22584640.jpg


バンザ~イ! してます。
[PR]
by life-is-vain | 2012-03-01 22:54 | 家族