ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

NEW☆TPA18


KITADA GOLF DESIGN 「LM-19」。


a0235751_231192.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-01-30 23:14 | KITADA GOLF | Comments(2)
NEW☆TPA18


KITADA GOLF DESIGN 「LM-19」。

オーバーホーゼル・TPA18と比較してみました。

           TPA18      LM-19
重量         348g       361g
ネック径      10.0mm    10.0mm
フェース厚      8.4mm    10.0mm
どちらも、ロフト角は、4°  ライ角は、72° 素人測定なので「多分?」。
シャフト挿入長30mm。 TPA18は忘れましたが多分?同じだったかな。
シャフト装着後のネックからソールまでの長さは、TPA18が85mm。 LM-19が70mm。
この15mmの差がどのようになるのかは使ってみないと分かりませんが画像では気にならないでしょ。
フェース厚が1.6mm厚くなるので打音は良くなりそうな予感がします。

但~し。私のは、KITADAさんに”おまじない”をかけてもらうので355g位になるようです。(楽しみ~~)



a0235751_21495268.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-01-27 22:00 | KITADA GOLF | Comments(4)
NEW☆TPA18


KITADA GOLF DESIGN 「LM-19」。

ネックはTIG溶接して、手曲げしています。が「ネック一体削り出し」と言われれば分からない程の完成度!
あぶって暖めると曲げること自体に力は必要無いとの事ですが、曲げたい個所を正確にあぶらないと変な所から曲がってしまうようです。
経験・センス・金属の特性を熟知していないと金属の色の変化で曲げる事は出来ないでしょう。

次回も続きます。


不慣れなのでピンボケしてます。
a0235751_20283196.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-01-25 20:52 | KITADA GOLF | Comments(2)
WINBIRDから「レインボーメッキ」が発売されたようです。
見た目は「DLC☆GALAXY」のようですがメッキです。
http://www.winbird-golf.com/news/index.html#bmcpsp


本物の「DLC☆GALAXY」は↓

a0235751_1955111.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2012-01-23 19:57 | Putter | Comments(5)
NEW☆TPA18


KITADA GOLF DESIGN 「LM-19」。

KITADAさんの大切なパターを貸して頂きました。 有難う御座います。
IXY410Fの初撮影が「LM-19」。 上手く撮影できませんがアップのみです。
詳細は後日・・・。


あ!taotenさん。「ネックとトウからヒールの繋がり」綺麗でしょ!
削るのは簡単ですが、違和感無く残すのが”巧みの技”


a0235751_21522836.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-01-22 22:07 | KITADA GOLF | Comments(2)
買っちゃいました。 デジカメ 「キャノン IXY 410F」

知らずに9年も愛用していたOLYMPUS D-460 ZOOM。 アナログカメラのようなデジタルカメラでした。
でも慣れてしまえば不満も無く活躍してくれました。 今思えばシリアルポートだったので画像の取り込みに
時間が掛かってニューヨークに行ける程(入浴)長かった~。(おやじ)

「キャノン IXY 410F」に辿り付くまで相談に乗って頂いたganrefさん有難う御座いました。
カメラ選びって悩んだら最後。 決められないんです。 価格でしょ・ズームでしょ・動画でしょ・簡単なの?
性能を求めつつ、価格は抑えつつ。 選んでいたら「どのカメラに・どの機能だっけ?」状態になるんです。
てな事で早々ganrefさんに相談。 丁寧に長所・短所を的確にアドバイスを頂き「キャノン IXY 410F」
を”ポチッ”て行こうと思った瞬間・・・。 あれ? 価格が値上がりしてる? なぜ? そーなんです。
価格.Comって株なの? 価格が変動する事を始めて知った私・・・。(汗)

ま!何とか購入できました。 が・・、説明書を見ても専門用語が多くて理解不可能。 
充電もできたので準備は整ったド~! 早々撮影・・・? と思いきや? あーれ~・・・?。
SDHCのメモリーカードが必要だったんです。(笑)

よっしゃ~! 撮影できるようになったと思うでしょ・・。 でもね。 ピントを合わせる「AFフレーム」とやらが
「あっち行ったり・こっちに行ったり」動き廻るんです 。 あ~~~。 また説明書を見ながら操作。(汗)
よし! 出来たど~! て”パシャ”。 ん・・?。 元に戻すのって? どーすんの? あ~~~っ・・・。
まだまだ未熟です。 早く使いこなした~~~い! でも何を撮ればい~の???

そんな事を考えていると欲しくなるんです。 ケースでしょ。傷が付かないようにフィルムでしょ。など・など。

今日は、ここまで。 久々の長文で疲れた~。



a0235751_2241883.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-01-17 22:17 | Comments(4)
NEW☆TPA18


「LM-19」 (エル・エム・イチ・キュウ) 勝手に呼んじゃいます。2個同時。

「2個あるから・・・。早いもの勝ち!」ではありません。(笑)



a0235751_23381211.jpg


a0235751_20593564.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2012-01-12 23:46 | KITADA GOLF | Comments(5)
NEW☆TPA18


「LM-19」のソール画像。
LM-19は全てKITADAさんにお任せのオーバーホーゼル。
一連の製作工程でも特に重要なネックはハンドメイドです。溶接については、接合する前から徹底的に面粗度(面の粗さのこと)を上げて作っておき、その後接合します。接合自体はTIG溶接ですが、この面を仕上げておくと溶接がより綺麗にできます。接合部がガタガタだと溶接のビートも乱れちて余計に溶かさなくてはならなく汚く、大きくなってしまうようです。溶接前の自立したネックが面精度の高さでしょう。
因みに面精度を上げる事は、量産品ではできません。価格に跳ね返りますから・・・。

TPA18タイプでも違う性格のものを作ってみたいと思い今回の船底ソールを採用したようです。
1枚目が今回のLM-19の船底ソール。 2枚目がTPA18です。 
お恥ずかしい話ですがTPA18タイプは難しいパターの印象が強くKITADAさんのオーバーホーゼル・
TPA18が最初に使用したL字パターですので今の所私には比較が出来ません。
エースパターのTPA18はヒールのガンブルーがすれているので船底ソールも違和感無く使えそうです。
到着が楽しみ! オーダーメイドの”秘密”には「あれ?と・あれ?」が・・・。



a0235751_21183619.jpg

a0235751_21191375.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2012-01-10 22:52 | KITADA GOLF | Comments(6)
NEW☆TPA18


「LM-19」 違うアングル。 ラスト。


a0235751_20583984.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-01-06 21:00 | KITADA GOLF | Comments(6)
NEW☆TPA18


「LM-19」 違うアングルで。


a0235751_0294058.jpg


→ 続きはこちら ←
[PR]
by life-is-vain | 2012-01-04 00:31 | KITADA GOLF | Comments(2)