ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

  DLC☆GALAXY


 ★ 皆様に”お願い!”があります 

  ここ → →DLC☆GALAXY

                 
                   

                      
   ここ →→→→ DLC☆GALAXY


   「フルスクリーンモード」で観てから!

        ↓
      ↓
    ↓

DLC☆GALAXY を御覧くださいネ!!!

a0235751_23252211.jpg


DLC☆GALAXY
[PR]
by life-is-vain | 2011-09-27 22:39 | KITADA GOLF | Comments(3)
TPA18 DLC 【Diamond like carbon】

摩訶不思議な輝きの「DLCパター」 今迄は屋内での撮影でしたが
天候に左右され眩しいのではないのか。ラウンドで使えるのか?

さあ!始まります。 曇りの日。



a0235751_13455660.jpg


続きはこちら。
[PR]
by life-is-vain | 2011-09-26 13:57 | KITADA GOLF | Comments(2)
KITADA GOLF

これは、何でしょうか?

わかる人には、わかる。 わからない人には、わからない。 当たり前ですよね。



 スクエアアンサー

a0235751_2133067.jpg


続きはこちら。
[PR]
by life-is-vain | 2011-09-22 21:05 | KITADA GOLF | Comments(4)
TPA18 Fe over hosel

TPA18 Fe(軟鉄) over hosel(オーバーホーゼル)

この「TPA18」を所有して、約9ヶ月になりますが完成までの経過を掲載してみます。

ガンブルーの黒は、経年とともに青みが増して良い艶になります。

思い出しました。シャフトを装着して「KITADAさん」の技術に感動!した事を・・・。
それはネ。オーバーホーゼルなのでシャフトの中にネックが入りますが、シャフトの内径にピッタリ!なんです。それと、ネックの外径とシャフトの外径もピッタリ!なんです。当たり前の事なんですが、当たり前では無いクラブが多いんです。 PROTOで!この精密度。流石「KITADA GOLF」!

入色前
a0235751_2003232.jpg


入色後
a0235751_2041891.jpg


入色前
a0235751_2051628.jpg


入色後
a0235751_2061377.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2011-09-21 20:23 | KITADA GOLF | Comments(7)
TPA18 Fe over hosel

TPA18 Fe(軟鉄) over hosel(オーバーホーゼル)

TPA18(L字)=難しい。が私の印象でしたが、この「KITADA GOLF」のTPA18は別物!
私は、「KITADA GOLF」のパターに出会ってから目覚めたパターと言うクラブなんです!
今迄のパターは、プロが使っているから・・・とか。このパター入るから・・・とか。で選んでいたパターでしたが、アドレスが思うようにとれないし、距離感も今一。でも、こんなもんだろう?と思っていたが、「KITADA GOLF」のパターは、アドレスが取り易い事と、絶妙な形状・全体のバランスが良いんです。(見ていて飽きないんです) 次の打感・打音や距離感は組付けの工夫で自分の物に仕上げる事ができるのです。
もちろんパターの材質や、ボールでも変わりますけど・・・。
 
チップカットで振動数を通常375~385cpmの所、433cpmと硬いシャフトに仕上げました。
硬いシャフトにした感想は、シャフトに伝わる打感では無く、ヘッドでボールを打った時の音”打音”が強調されるようです。

ヘッド重量348g・シャフト重量127g(GT K's-GT 140 パター)。
チップカット5.5インチ±、バットカット0.5インチ±、グリップは(Gold's Factory のブラック)。
総重量532g。 バランスD-1.0。 長さ33、8分の3インチ。

ガンブルー(黒色酸化皮膜)。サイトラインのロッサコルサ(赤)は、グリーンでは、とても見やすい色なんです。

KITADA GOLF PROTO 形状・仕上げ・打音の三拍子揃った”エースパター”

難点は1つ。 手入れ好きな私でも「ガンブルーに赤錆びが出ませんように・・・。」


a0235751_21521534.jpg

a0235751_21523966.jpg
a0235751_2153642.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2011-09-18 22:50 | KITADA GOLF | Comments(5)

TPA18 DLC 【Diamond like carbon】


                         ”黒”


摩訶不思議?な”輝き”の「DLC」 比較を御覧下さい。


TPA18は、組付け途中なんです。 
シャフトは、Geotechと島田ゴルフとのコラボレートシャフト。「GT K's-GT 140 パター(Made inJAPAN)」。
私のお気に入りシャフトで、KITADAパターには全て装着しています。
このシャフト、カタログでの重量は141gなんですが、計測してみると155gと重いのです。長さは、36インチ弱。ステップレスです。私は、硬いシャフトが好みなのでチップを5.5インチカットしてもチップの太さが変わらずパターに装着できると供に、バットカットを少なくできるので少し太めのグリップに仕上げる事ができるのです。(5.5インチカットは参考例です。自己責任でお願いしますね)

チップカットすると、どの様な数値になるのか?ですが、ヘッド重量や長さにもよりますが、ヘッド重量362gで、チップカットなし・33,0で組むと総重量545g・バランスD-3で振動数は380cpmですが、チップカット5.0インチカット・33.5インチで組むと総重量550g・バランスD-8で振動数416cpmまで硬くなります。
同じ重量のヘッドで、0.5インチ長くしても、なんと「36cpm」も硬く仕上がります。

一般的に、早いグリーンでは重いパターと言われていますが、私はヘッドだけに鉛を貼り重くしても良い
結果・フィーリングがでないのです。バランスだけが増すだけのパターになってしまうだけです。
パターのシャフトを重くして、全体の重量を上げてみるのもお試しの価値はあると思います。

TPA18は、チップカット1、0インチの仮組ですが、ソケット(ネックセル)に秘密が。
と、言っても気にしない人は、気にしない事です。まず、D.L.Cの輝きや、色にマッチするソケットは、
「銀のライン入り」か、「金のライン入り」なのか?を確認する為に、長さ25mmで太さの違うソケットを
合計6個用意。 その結果!「金のライン入り」がマッチ。そのままの長さ25mmで装着も良いのですが、
パター全体のマッチング(見た目)が良くないので、4mm短くして21mmがベストでした。

パター全体のバランスも重要な要素・美に繋がるパターに仕上がります。
たかがソケット・されどソケットなんです。今までのDLCを見直してみて下さいね。
「金のライン・長さのバランス」いかがですか?



a0235751_2153141.jpg

 さて? どっちが? どっち?
a0235751_21531911.jpg

”大当たり!” でも? 今回も、な~んにも。 ありません。
[PR]
by life-is-vain | 2011-09-15 22:07 | Comments(0)

TPA18 DLC 【Diamond like carbon】

 はい!「ズーム」でどうぞ。 説明は無しです。


 次回は・・・。 ウ・フ・フ・・・。 さて、何でしょう?  想像できるかな?


”大当たり”

a0235751_2122738.jpg

 しても
a0235751_2124193.jpg

  な~んにも 
a0235751_213628.jpg

 ありませんけど・・・。

a0235751_215561.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2011-09-14 21:10 | KITADA GOLF | Comments(2)
TPA18 DLC 【Diamond like carbon】

TPA18 DLCを手にした時の”感動”は、一生忘れない事です。

これから、このパターを確認しながら表現したいと思いま~す。
が・・・。 おそらく・・・。 私には「不可能」だと思います・・・。 (写真でも表現できません)

”魅惑的な輝き”の銀色は、パターに水銀を載せたようなシルバー。
黒は、ガンブルーの表面の輝きではなく、DLCが光を反射したものなのか、
金属に反射された光が、DLCを通過してから照射されているブラックなのか。としか表現できません。

DLCの輝きも「KITADA」パターの形状や、切削技術・研磨技法があってこそ実現した
TPA18 D.L.C だと感じています。

DLCは、手にした人でも言葉に詰まり表現できないでしょう。


ここからは、製作者様からのお話です。
DLCを、サンドペーパーで削ってみましたが、サンドペーパーのエメリ粉のほうが剥げてしまいました。
カッターの刃でカリカリやってみましたが切れなくなってしまいました。
本体には全く傷らしい物が見受けられませんでした。

ダイヤモンドライクカーボンという呼び名なので天然ダイヤとどう違うのかというと、
ダイヤは炭素の結晶体。DLCはダイヤのアモルファス構造の物質なのです。
結晶体であるダイヤモンドとはそこが違うのでダイヤモンドライク(ダイヤのような)と呼ばれています。

これは日本だけの技術だそうでです。特殊なエンジン部品にもコーティングされています。
その特殊なエンジン内部は、DLCで中は真っ黒です。
ノンコートとDLCとでは0.02秒タイムがDLCの部品搭載のエンジンの方が速いらしく、
耐久性はかけてない物はもたないそうです。時速300K/mを超えるエンジンだと0.02秒でも
大差になってしまうそうです。

ゴルフに話を戻します。
せっかく何万も出してパターを買っても使ったらいきなりスリ傷が付いたではやっぱり悲しいですものね。
お気に入りのパターならなおさらだと思うのです。
コーティングに数万のコストが高いか安いかは私的には十分値打ちがあると思います。
DLCの処理温度は、200C゜以下と低い。IP(チタンコーティング)は1000C゜以上になります。
軟鉄などは熔けてしまうので変質や変形を招いてしまいます。
傷に強く薄い皮膜でDLCより安いのにIPがゴルフの表面処理に利用されない訳は処理温度が高すぎることです。DLCはこの問題がありません。だから私はDLCに目をつけました。

 DLCとは。 

 「三種の神器」

次回の”弐”は、ズームで掲載します。


a0235751_15232258.jpg
a0235751_15234275.jpg
a0235751_15235856.jpg

a0235751_2047123.jpg

a0235751_15241722.jpg

a0235751_2032573.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2011-09-13 15:27 | KITADA GOLF | Comments(0)

アクシデントが・・・。

今も、首から肩に鈍痛が・・・。


それは台風襲来の日・・・。 

朝。顔を洗っていた時・・・。 突然!

あれ! emoticon-0156-rain.gifゲリラ豪雨・・・。

ベランダの洗濯物を取り込もうと・・・。1往復OK.

2往復目。洗濯物を抱えたまま・・・。
ここからは、なぜか? スローモーションで鮮明に覚えている。

右足の踵が滑った。 
両足が宙に浮いた。
体が浮いた。
  
左肩甲骨から落下。
頭が何か?に当ってから・・・。
床にゴン・・・・。


動けない!?! と、その瞬間! 激痛が! 痛った~!

そこに家族が・・・。

初めての救急車・・・。 ピ~ポー・ピ~ポー。 病院行き。

CT・レントゲンは、異常なし・・・。打撲との事。

帰宅しようと・・・。
その時、息子の車が、なんと! こんな時に! パンク・・・。 
病院のPで、車椅子に乗ったまま指導しながらのタイヤ交換。

首~肩が痛く、寝違えたような痛みで動かない。 最悪な1日。

暫らく、ゴルフも中止。 トホホ~~~。

[PR]
by life-is-vain | 2011-09-12 09:41 | Comments(4)
【KITADA GOLF DESIGN】 

KG00A

今の所 ”秘密” です。 ちょっとだけお楽しみ下さい!

a0235751_19125632.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2011-09-08 19:02 | KITADA GOLF | Comments(4)