ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

クラブも組付で変わる?


さ~っ! 組付け・開始~~~!

因みに、フック・フェースが 「いけない」 と言う訳ではないんですよ。
自分は、ストレートが好き。 と言う事なんです。

アイアンで言えば 「ストレート・ネック」 が好きか、 
「グース・ネック」 が好きなのか? 好みの違いです。

このクラブも、意図的にフックフェースになるように組んだのであれば、
ソケットもネック径より大きめの物を使い、斜めに削り、丁寧に仕上げてあれば問題の無い事です。

アイアンであれば、どの番手でも 「同じのように組まれて」 いて、使う方に合っていれば良いのです。

グリップテープも、縦巻きでもグリップに段差や、歪みがでなけれな良いのです。
私的には、接着されていない箇所があると心配な事と、巻く長さを統一すれば、
重量にも差が出ず、グリップの太さ・長さも均一になるので、螺旋巻きにしているだけです。

接着剤も、エポキシ系でも、アクリル系でも良いと思いますよ。
以前は、エポキシ系を使っていましたし、今でも時々使っています。

アクリル系を使う理由は、乾燥時間が短いのと、エポキシ系より熱に強いからです。 
ネック径が大きい時は、5分位・・・保持していれば思ったアングルに接着できるからです。

ネック径が、ドンピシャのKITADAパターには「エポキシ系」を使っています。

但し、接着剤を必要以上に入れるのは不要です。
ヘッド番手間の重量の流れや・シャフト・グリップの重量が同じでも、接着剤の量の違いで、
総重量や、長さ・バランスにも影響が出てしまうからです。

最終の調整は、グリップの重量で微調整しますけどね。

ま!このように組んだクラブであれば、クラブが悪いのではなく、私の打ち方の問題になりまからね。



a0235751_22104558.jpg




ストレートに装着した「シャフト」と、「ソケット」。
a0235751_2212343.jpg


テープは、バッファロー。 螺旋巻き。
a0235751_22331026.jpg


テープの長さは、26.5cm。
a0235751_22121112.jpg



a0235751_2213325.jpg


グリップは、軽めの物を選択。
a0235751_2213570.jpg


は~い! 出来ました。 完成!!!

              「ビフォー」              &            「アフター」

a0235751_22135663.jpg


どうです? 見た目のフェース・アングル。 変わりましたかね~~~?
a0235751_22142961.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2013-04-27 14:00 | 工房