ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

グリップ内部の清掃 と・・・?

シャフトより抜いたグリップの中には、溶剤で溶けたテープの粘着剤残ります。

バッファローの両面テープは比較的剥がし易く、テープがグリップ内部に残ってしまう事は
少ないのですが、粘着剤の清掃には 「秘密兵器」 を使っちゃいます。

グリップ内にホワイトガソリンを入れたら、「秘密兵器」でゴシ・ゴシするだけ。
その後、ホワイトガソリンで数回濯いで 「はい!完了!」。

ま!AF‐152のグリップを抜いたのは、バットカットの為だったんですけどね。
47インチ・D‐5.0で、振りに行った時は、長すぎてヘッドが戻ってこな~い。 
プッシュOUTの球が少々多い・・・。

46インチ・D‐2.5にしたらプッシュOUTが減少・・・。 
そして今回は、0.25インチカットして45.75インチ・D‐1.0に・・・。

クラブを自分に合わせる為の作業には「時間と手間」が掛かるんですよね~。

さて? 結果は明日の練習で・・・・。  どうでしょうか???



a0235751_22425171.jpg





a0235751_22432566.jpg


a0235751_22434996.jpg


a0235751_22441864.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2013-04-14 23:04 | 工房 | Comments(2)
Commented by taoten at 2013-04-16 20:06 x
バッファローは注射でもテープがシャフトに残ったままグリップはとれやすいようですね。
この前TEE-1新潟店でEPONのUTを注射で取ろうとしましたが。。。。凄く薄いテープがグリップ側に残ってしまい諦めました。
こういう粘着剤の清掃の 「秘密兵器」 があるんですね!!知らなかったです。
Commented by life-is-vain at 2013-04-17 20:23
taotenさん。
普通の人は 「秘密兵器」 は要らないでしょうね。 
凄く薄いテープは「NITTO」のテープだと思います。
4種類程使ってみましたが、バッファローが好きです。
グリップ内に「NITTO」のテープが残ってしまったら溶剤に浸けておいて
鉄鋸に巻き取るようにすればよいのですが手間が掛かります。

その内、テープの比較もしてみます。