ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

LM18 ・ 真鍮 KITADA GOLF DESIGN Ⅱ

「LM18 ・ 真鍮」は、ゴルフ仲間のパター。

重量も重い方が良いとの事で、シャフトは「島田ゴルフと、ジオテックのコラボ」の
”GT K's-GT 140 パター”。 固めにする為に、チップカット5.5インチ以上。

それと今迄の組付けと違うのは、打感がシャフトに伝わるようにパターのネック径と、
シャフトの太さもピッタリにして、シャフトをネックの底まで入れる事で金属同士の接触面を
増やすような組付けをしてみました。

ま! 簡単に話すと、ソケットをシャフトに緩めに入れて、パターのネック穴にシャフトを
ゴムハンマーで叩いて入れてからソケットを接着した。 と言う事なんですけどね!

この方法は、精密なKITADAさんのパターだからできるんです。
精密なら味付け(アングル)は必要ないですからね。 


その結果は・・・・・・・!!!。


a0235751_21205055.jpg




私のBC-3と試打したんですけど・・・・・。
違いは・・・? と言うと・・・? 分からな~~~い。 

期待させちゃいました・・・? 理論上の話と言う事にしておきましょう。

この理論は、とても重要だと思っています。
打感を伝える順序で言うと・・・・・。
ヘッドから → 接着剤 → シャフト → グリップ。の中で、
接着剤があると打感がダイレクトに伝わらないでしょ!


多分。プロのように打てれば、打感の違いは確実に変わる理論ですので、
組付ける時に、この理論を考慮した方法が必要だと感じます。


長さ・33インチ。 重さ・554g。 なんですけれど・・・・・。

バランス・振動数を記載したメモが無くなっちゃいました。
記憶だと・・・・・。 バランス・D-6? 振動数・思いせな~い・・・?
多分? 448CPM? だったかな???

次回は、違うシャフトにしてみようかと・・・・・。 考え中ー・・・・・・・。 エヘッ!


a0235751_21224660.jpg

a0235751_2123727.jpg


もちろん、シャフトの曲がりも確認しています。
この方は、アップライトなアドレスなので、フラットになるように組付けしましたよ。

a0235751_21233250.jpg

a0235751_21235631.jpg

a0235751_21241734.jpg


それにしても”目立つパター”だな~。
Mさん。 こりゃ~”3パット”できないよ。

[PR]
by life-is-vain | 2012-12-19 21:52 | Putter | Comments(3)
Commented by KE_KGD at 2012-12-20 23:54
ネックの穴いかがでしたか?使用したドリルはバニッシングドリルです。綺麗な穴が開いてたでしょ。
Commented by life-is-vain at 2012-12-21 14:36
KE KGDさん。
ネック内側も、とても滑らかで綺麗な仕上がりでしたよ。
この事もKITADAさんから教えて頂けなかったら知らない事でした。

通常のネック内は、タップでネジ山を作ったようになっていますから
それが当たり前になっているのが素人なのです。

バニッシングドリルと言う工具も知らなかったですし、ドリルと思えない形状なんですね~。
Commented by TEE-1さいたま大宮店 at 2013-02-02 19:06 x
ご無沙汰です。遅くなりましたが、新年…あけおめ…です。
最近UPしていない様ですが…お元気ですか?
たまには寄って下さいませ。