ブログトップ

life-is-vain

svensk.exblog.jp

miya

AKIRA リシャフト・FUBUKI

ドライバーのシャフトを「FUBUKI アルファ 50 S」

と言っても、飛距離を求めてのリシャフトではありません。
今回は、低くい弾道が目的。 私の経験上、”飛ぶシャフト”の謳い文句で100本を越える
シャフト交換をしましたが、謳い文句でのシャフト交換はしません。 ヘッドも同じですけどね。

シャフトの中で”このシャフトは飛びません”なんてないでしょ。 
この事に気付かないと「リシャフト地獄」にズッポリ嵌ってしまうんです。 私です・・・。

「リシャフト地獄」の時には、同じメーカー・同じような顔付きのヘッドを3個を所有し、
そのヘッドにシャフトの差し替えを繰り返していたのです。 
この方法なら打比べができて、シャフト違いが分かり易いんです。
今思えば、楽しい一時だったかな・・・?

理想の弾道・曲がり難い=安心できるクラブ作りは難しいので、どこかで妥協が必要だと・・・。
思っているんですが止められない・・・・。

今は、2個のヘッド。 9°でヘッドスペックもほば同じ。
①、弾道が高かった 「モトーレ S 45.5インチ・D-2・307g・240CPM」。
②、弾道が低くなった「フブキα S 46.0インチ・D-2・304g・249CPM」。

暫らく2本のクラブで打ち比べでみないと何とも言えないんですけどね。



a0235751_0113019.jpg






a0235751_013142.jpg

a0235751_0133799.jpg

a0235751_014235.jpg
a0235751_226326.jpg

[PR]
by life-is-vain | 2012-10-13 00:23 | 工房